女性

ボトックスの効果をチェック【無料カウンセリングが受けられる】

いくつかの種類と特徴

注射

分類の仕方

ボトックス効果を出す製剤にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴が変わってきます。まずシワの除去を目的として使われているものには、アラガン社から出ている元祖ボツリヌトキシン製剤で、ボトックスという名前を世間一般に広めた立役者です。日本で販売されているものはボトックスビスタという名前で出されており、厚生労働大臣による承認を得ている製剤になります。日本国内で厚生労働大臣の承認を得ているのはボトックスビスタのみとなっています。ボトックスビスタは微量の複合タンパクを含むという問題点を抱えていますが、そこまで気にするほどのものではなく、世界中でたくさんの人に使われていることからも安全性の高いボトックス効果を期待できます。複合タンパクの混入が最も少なく抗体反応が起きにくいとされているのがゼオミンです。ゼオミンの特徴は熱に強いということで、他の製剤は常温保存ができませんが、ゼオミンは常温保存ができて移送の際の温度変化による品質悪化が起きにくいというメリットがあります。もうひとつがニューロノックスで特徴は価格が安いことです。繰り返し使用する際には価格の差が重要になってくるので、価格を安く抑えたいという人に人気があります。ボトックス効果にはシワを摂る作用が最もよく知られていますが、これは体のなかに特定のタンパク質を入れることで筋肉の動きを止めるという作用で効果を出します。筋肉を動かさないことで、必要以上に筋肉が発達してしまうことを予防して、その結果表情を変えた時にできるシワができにくくなります。目尻屋眉間のシワは顔の表情を動かし過ぎてできるものなので、ボトックス効果で筋肉を強制的に動かさないようにすることでシワが薄くなります。そしてそれ以外にもボトックス効果を使って気になる部位を細くするという施術が行われています。これはボトックスをしてからしばらくの間は筋肉を動かさないようにして使わないようにすることで細くするという効果がでます。顔のエラを目立たなくしたり、ふくらはぎを細くしたりする時には、このような使い方をします。ボトックスはこのように使い方が多様であるという点で非常に優れており、そこが人気のある理由でしょう。また効果が持続するとはいえ、一定期間を経過すると元の状態に戻るために、二度と戻らないわけではないのでチャレンジしてみやすいという特徴もあります。一度変えたものが二度と元に戻せない場合には決断力が必要になりますが、期間限定のボトックス効果だということで、初めての人でも気軽に始めやすくなっています。